キャンプギア

焚火台は、安くて超コンパクトなものを!

初めから使っている焚火台、この焚火台はアマゾンの安い焚火台です。キャンプギアをいろいろ買い替えてきたけど、これだけは変えられません。

他メーカーの焚火台をショップで見たり触ったり持ったりすると、重い。重すぎる。そして大きい。これが変えられない理由なのです。

コスパ最高の焚火台

すごくコンパクトで、値段も安い。とてもおすすめの焚火台です。ほかのサイトを見ると、ユニフレームやスノピークのものを使っているので、買いかえようかなと迷いますが、軽くてコンパクトなことを考えると、なかなかほかのものに移ろうとは思えません。

あまりに気に入ったので、下記の網も買い足してしまいました。

スノーピーク ジカロテーブルとの組み合わせ

キャンプに行くとバーベキューがメインなので、ジカロテーブルを持っていますが、高さが合わないので、底上げしています。

底上げすることによって、網がテーブルと一緒になります。どのようにしているかというと下の写真です。台を作っておいています。

トレーの割れ目と木の分かれ目は十字に配置
このように2つ並べる
高さは一緒
長さが違うのは、収納のため

焚火台がコンパクトなので、台もコンパクトであるべきと考えましたので、コンパクトで丈夫なことを心掛けました。火を使うところに木製のものを使うので、自己責任です。

焚火台のトレーよりも大きくしない。ちょうどぐらいにする。なぜかというと、火種が落ちたときに、乗っかってはいけないからです。またトレーを置く方向にもちゅういします。割れ目が十字になるようにしないと安定感が損なわれます。

火を使うときは必ず近くに水を用意しましょう。

とにかくこんなにコンパクトで、バーベキュー、焚火もできてしまうので、便利すぎます。壊れたら、次にどうするか考えますが、しばらく使うでしょう。ちなみに、厚めのアルミホイールをしいて使っています。使った後は、トレーと脚、網だけを洗います。

そうはいってもスノーピークで合わせたら、こんな苦労もしなくても、しっくりくるんだろうなーとおもうひびでした。

こんな風に使ってます